電脳せどりの仕入れ先を開拓するにあたってジャンルは必要なのか?

Pocket

電脳せどりの仕入れ先を開拓するにあたって

○○ジャンルって必要だと思いますか?

 

 

むしろ僕は電脳せどりにおいて

こういう考え方は必要ないというか、

仕入れの幅を狭くすると思うんですよ。

 

 

ただどういった戦略で仕入れ先を見ていくかで

当然仕入れるべき商材が変わってくるので

最初から○○ジャンルの○○せどりでやるのではなくて

その結果、○○というジャンルが多くなってる

というところに繋がります。

 

 

ヤフオクからリサーチをはじめていくのが

一番説明としてわかりやすいのですが、

ここでも説明しています↓

 

最初の入り口としては間口を狭く、

できるだけ絞ってリサーチして

まずは1つだけでいいんで稼げる商材を見つけます。

 

 

そこからキーワードやAmazonを利用しながら

いかにその商品から派生を伸ばしていけるかが

とても重要になってきて、

ということはなんとなく言っていることがわかってきませんか?

 

 

派生を伸ばした先にある稼げる商材が

どんな商品かというのが自分でもわからないのです!

新品商品を探していたのに、中古商品が見つかったり、

だから○○ジャンルに絞っていないということなんですね。

 

 

そして仕入れ先としてヤフオクは当然ながら

いろんなネットショップが仕入れ先としては該当してきます。

家電量販店系もそうですし、

ダイレクトショップ系や

楽天やヤフーのような大手モール、

メルカリ、ラクマ・・・

すべてが仕入れ先ですなんです!

 

 

派生を伸ばした先にあるショップというのも

もちろん出てきます。

どういうことかというと

自分の予想していない商品に

たどり着いたように

ショップも自分が知らないような

ニッチなショップにたどり着くことがあります。

 

 

そうなると下手するとそのショップ内の

稼げる商材というのを独占できる可能性だってあります。

そこからまた派生をしていくという・・・

まさに無限ループ状態になるんですよね。

 

 

電脳せどりにおいて仕入れ先というのは

もちろん重要なんですが、

最初の焦点はそこではないということです。

 

 

ネットショップなんかだと

その店の得意なジャンルなんかもあるでしょうから、

結果的に○○ジャンルを仕入れていることになり、

じゃあ次回からはその店では

その○○ジャンルだけ見ようというふうに

徐々に効率的になってくるわけです。

 

 

やっていく過程の中で

得意なジャンルを見つけてもいいですし、

そのジャンルのショップや

ヤフオクでもそのジャンルだけを見ていくという

仕入れ先の開拓というよりは

結果的に○○ジャンルの○○せどりを

やっていくというのが理想的だとは

自分的に感じています。

 

 

だって何が得意かなんて

自分でもわからないですから。

僕は結果的にごちゃまぜです(笑)

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。