せどり業界で唯一尊敬しているメンター

Pocket

せどり業界で僕が唯一尊敬している

メンターについてのお話をしていきたいと思います。

 

 

せどりで稼ぐためのメンターの存在

そもそもメンターとは?

というところなんですが、

これは先生や指導者という意味があるようです。

 

 

なのでせどりで言うところの

メンターとはコンサルタントを

請け負っている人を指します。

 

 

じゃあさらに深堀して

なぜせどりで稼ぐために

メンターの存在が必要なのか

というところなんですが、

よほどの天才肌でない限り、

やはり独学で稼ぎ続けるのは難しいです。

 

 

だからその道で成功している人の

指導を仰いで、

できるだけ最短で成果がでるように進めるわけです。

 

 

ただ、

わかっているとは思いますが、

せどりで稼ごうと思っているのは自分だから

人任せにして稼がしてもらおうという意識ではなくて

最短で稼ぐための知識はもらって

それをトライ&エラーしながら、

またPDCAサイクルとも言いますが、

【Plan】やるべきことを計画して、

【Do】それを行動に移して、

【Check】やったことが成功なのか、失敗なのかを評価し、

【Action】改善の余地があれば改善する

 

 

これを繰り返しながら

成長していくんですね。

その過程でまたわからないことがでてくれば

メンターの指導を仰ぎながら、

再度PDCAサイクルを実行する、

だからメンターの存在というのは大きいですし、

わからないことは潰せるから

ステップアップしていけるんです。

 

 

せどりで稼ぐためのメンター選び

あくまで僕の考え方なんですけど、

一番はフィーリング

ではないかなと思います。

 

 

なんとなく、

この人の言っていることには共感できる、

なんとなく、

この人とは合いそうだなあ、

という感覚ってないですか?

 

 

直感と言ってしまうと

ちょっとオカルト要素が入ってきてしまいますが、

そういうのがあってもいいかなと思います。

 

 

それでも信用できるかどうかの

裏付けは必要だと思うので、

せどりでの実績だったり、

でも実績だけではすべての判断ができないから

考えていることだったり、

その中でも僕が捕捉として重要視しているのは

努力して積み上げた実績

持っているということです。

 

 

天才肌の人って

おそらく何をやっても

うまくこなしてしまうので

あまり苦労も知らないと思うんですよ。

 

 

だからそれよりも

苦労して、努力している人っていうのは

実績の裏に積み上げているものが

濃いものがあるんじゃないかなって感じですね。

 

 

さらに、

厳しいことも言ってくれる人です。

僕が尊敬しているメンターは

まさにこういった部分がある人なんです。

 

 

多少なりとも実績を積み上げていた

僕の鼻をいい意味でへし折ってくれた人です(笑)

だけど間違いなくそれが影響しているから

今こうしてこれを言葉にして書けているわけです。

 

 

で、せどり界の尊敬するメンターって誰?

僕はブログであまり

プライベートなことを公表していないので

ゴーストライター的な?

ことをコンサル生から指摘されたことがありました(笑)

 

 

だから今回は僕が尊敬している

メンターとの関係性も合わせて見てもらおうと思います。

 

 

メンターとは言っていますが、

今となっては友人としての

関係要素の方が強くて

彼のパートナーさんとも仲良くさせてもらっていますが、

ただその人たちと飲むのを楽しむためだけに東京に行ったり、

imag0614

imag0617

imag0616

 

こんな感じで平日の真昼間から

お酒を楽しんで7件~8件、

はしご酒をして、

翌日福岡に行くっていうから

一緒に勢いだけで福岡県に行ったり、

で、観光して、また飲んだり、飲んだり・・・

imag0626

imag0633

1472459065226

 

って感じで一緒にいると

ほとんど飲んでばかりいます(笑)

この時も3日間一緒に行動して

昼から夜中まで飲みっぱなしでした。

 

 

だけどこういう関係性って

誰とでも築けるわけではなくて、

僕の思い込みがあるかもしれませんが、

お互い認め合っているからだと思うんですよ。

 

 

最初は師弟関係にあったとしても

メンターはクライアントに対して

稼いでもらうことがうれしいことであって、

逆に指導を受けている立場でも

実績として成果を出すことが

ある意味恩返しでもあるっていう風に考えています。

 

 

正直僕がこの人に大きく影響を受けたのは

手法やテクニックうんぬんよりも

資金管理やマインド部分の要素がかなり大きく、

出会わなかったら、ここまで大きな成果は

上げていないだろうとまでのことははっきり言えます。

 

 

だから、

現在やっているせどりをはじめとする物販の内容は違えど、

教えてもらった内容は現在も生きていますし、

だからこそ尊敬もできるんです。

 

 

逆に向こうも僕が物販で実績を上げることで

良い刺激になっているのでは?

と勝手に良い解釈をしています(笑)

 

 

そうそう、

それが誰かということなんですが、

このブログでも度々登場しているこの人です↓

http://www.shinshiru01.net/

 

 

別にそこに師弟関係は無くてもいいんですが、

少なくともお互いに認め合えるか、

というのは非常に重要なことではないかなと思っています。

 

 

 

僕は僕で自分のクライアントでも

僕に対して、年上にもかかわらず、

「師匠!」「先生!」って言ってくれる人もいて

しかも謙虚に実績で返そうと頑張っているから、

ある意味尊敬もできるし、

師弟関係なしにして付き合いはしたいなと思えます。

 

 

彼のクライアントと

僕のクライアントで

合同懇親会もやることがあるのですが、

やっぱりやっていることも違いますから、

お互いのクライアント同士刺激になりつつ、

僕も彼のクライアントから刺激をもらっています。

 

 

そういったところから

また認め合える関係性になって

誰のクライアントとかなしにして

ただただ認め合っているからこその

友人関係にもなっていくというものだと思います。

まあこれも勝手な解釈です(笑)

 

 

まとめ

せどりを独学でやり続けるというのも

否定はしませんが、

後々繋がっていくという関係性を考えると

メンターの存在は指導を仰ぐ以上に

大きなものがあるのではと思っています。

 

 

実際にビジネスパートナーとして

仕事をすることだって考えられるし、

認め合える友人にだってなれるのですから。

 

 

もちろん僕は自分のコンサルが一番ですよー

なんてきれいごとはさらさら言うつもりもなくて、

先に言っているように、

フィーリングというのも大事ですし、

それを裏付けるための捕捉項目もありますし、

その中でも僕が重要視しているのは

やはり僕が彼から学んだように

努力した実績厳しさ

が必要なのではないかなと思っています。

 

 

実際にそういった感じで

クライアントには指導もしているから、

厳しいなと感じる人もいるかもしれません。

だけどそこを乗り越えてくれたら

きっと良い関係性を築けるのではないかと思っています。

電脳せどりをやることに危機感はないのか? >>

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。