やはりAmazonのカートボックスの獲得率がおかしい!?

Pocket

やはりAmazonカートボックス

獲得率がおかしいようです。

コンサル生からも連絡をもらいました。

 

 

きちんと商品管理をしていれば

気づくことなんですが、

僕と同じような状況で、

今までとれていたカートボックスの獲得率が

大幅に変わって、最安値でもカートがとれないとのことでした。

 

 

逆に僕の場合ですが、

他に出品者がいるのにほぼ独占状態で

カートをとっている商品もあります。

 

 

うーーーん。

困ったものです。

こんな事例で正直振り回されたくないですね。

どう考えてもAmazonが有利になって

FBA出品者が不利になっている状況です。

 

 

これがプラットフォームに依存しているという

怖さでもあります。

ビジネスレポートでも詳細を確認しましたが、

獲得率が下がっている商品は

元々高い水準の獲得率ではなかったにしろ

二桁の獲得率があったのですが、

現在は一桁です。

 

 

ただ全体的な獲得率で見るとこんな感じ↓

2016-02-29_113620

上がっているのですが、

乱高下しすぎだと思いませんか?

 

 

確かに2月に入ってからは

売れ行き自体が悪いなとは思っていました。

その背景にはAmazonのカートボックスの

アルゴリズムが変わったとしか思えない状況ですね。

 

 

ただその中でも1つの仮説が立てられるのですが、

今までコンサル生にしか言っていない内容なので

ここでオープンにはできないですが、

カートボックスに影響するある理由があるのです。

 

 

だからその仮説の元、

今回のいきさつを考えたら

なるほどなと。

逆にこの仮説が正しいのなら

戦略に組み込んで他の気にしていないような

ライバルとの差別化はできるなと考えています。

 

 

ただあくまで現在での仮説なので

もしかしたらAmazonのバグってことも考えられないこともないですし、

一時的なテストみたいなことも考えられます。

いずれにしてもしばらくは検証しながらの

様子見というのが対応策ですかね。

 

 

これが本当のアルゴリズムの変更だとすると

僕のコンサル生にはメリットはでてきそうな気はします。

それぞれが違う商材でカートの独占とか

かなりおいしい状況ですね。

 

 

新品商品に限ってのカートの話なので

中古商材を扱っているなら関係のない話です。

今回の件でむしろ根本的なせどりという概念で

もう少しプレミア商品の仕入れ自体を増やそうかなと

今は考えています。

 

 

今日も朝からリサーチしていますが、

プレミア商品結構見つかりますね。

ただお宝的な商品にまだ出会っていないので

これからまたリサーチします。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。