せどりで勝つためにAmazonからカートを獲得できるのか?

Pocket

せどりで勝つために

Amazonからカート獲得できるのか?

について考えてみます。

 

 

通常Amazonが販売していないような新品商品を

販売していく際にその商品をまっさきに売っていくためには

中央のカートボックスと呼ばれる場所を

いかに自分が獲得できるかが重要になってきます。

これについては詳しく下記に書いています↓

>>Amazonのカートが新品で稼ぐための戦略になる

 

 

Amazonと同じ品質や納期で出せる

FBA出品者が自己発送より有利に

カートを獲得できるのは当たり前なんですが、

じゃあ仮にAmazon本体が商品を持っていて

それを販売した場合はどうなるのか?

 

 

自己発送者がカートを獲得できるのは

相当難しいというのはわかると思うのですが、

AmazonとFBA出品者は正直同条件のもと販売しています。

 

 

だけど普通に販売しているだけだと

間違いなくFBA出品者が負けるんですね。

カートの詳しいアルゴリズムがわからないにしても

やはりAmazonとしても商品を販売したいから

同条件の販売の場合は有利になるということでしょう。

 

 

だけどFBA出品者がカートを獲得できるという場面もあります。

それが若干でいいんですが、

Amazonより安い価格で出すということ。

具体的には1%程度の価格差で

カートが取れることがあります。

 

 

だからAmazonが販売していようとも

1%以下の価格で出して利益が取れるなら

結構積極的に仕入れ対象として

仕入れをしていたのですが、

ここ最近の動向としてそれが崩れつつあるようなんです。

 

 

僕の出品物がたまたまなのかはわからないのですが、

今までAmazonからカートを獲得していた商品が

軒並みカートを獲得できなくなったのです!

 

 

主力商品もあったのでかなりの深手を負っているわけですが、

現在かなり実験を繰り返しています。

が、カートが獲得できないですね。

今まで以上にAmazonからの価格の追従もありますし、

きわどいラインの価格改定では

カートは取得できない状況です。

 

 

僕のアカウントが一時的に

コンディションが悪くなっているのかとも考えたのですが、

99%という高い水準を保っていますし、

それも考えにくいです。

 

 

では一体どうしたのかというところなんですが、

結論はAmazonがカートのアルゴリズムを変えたか、

もしくは一時的にアルゴリズムを変えているかの

どちらかしかないと思います。

 

 

アルゴリズムを完全に変えてきているのなら

こちらも戦略を変えざらなければならないのですが、

一時的なもの、

例えば2月というキーワードで

売れ行きの状況の確認をしているのか、

または決算のからみなのか、

いずれにしても今までのカート戦略が

通用しなくなっているので

実験を繰り返しながら様子見が必要ですね。

 

 

それでもプレミア商品に関しては

Amazon自体の参入余地がないので

通常の電脳せどりでは支障はないのですが(笑)

 

 

気になるところではありますが、

また何かわかったら報告します。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。